モビットの審査が甘いと言われている理由を探る

フリーで仕事をしている人や自営業の人は、サラリーマンみたいに決まった日にお金が入ってくるわけではないので、お金の支払いに困ることもあります。そんな時は、キャッシングできるカードを作っておくと、いざという時でも安心です。モビットは審査が甘いのでいろんな人が利用しています。ホームページで、少ない項目に入力するだけで、わずか10秒で審査結果が表示されるので、申込む前に利用してみるといいでしょう。モビットはWEB完結審査が可能なのでとても便利です。モビットのWEB完結なら、会社への電話連絡や自宅への郵便物の配達がないので、キャッシングをすることが家族や職場にばれることがありません。必要書類の提出も、スマホやデジカメから書類を写真で撮って送信するだけでなのでとても簡単です。14時50分までにWEB完結手続きを終了しておけば、即日融資も可能です。ただし、WEB完結をおこなうには、指定銀行に口座を持っていることが条件になっているので気をつけてください。



モビットの審査基準について

三井住友銀行グループに属する「モビット」は、早くからのCMの効果もあってか、消費者金融業者の中でも比較的人気が高い会社であるといえます。モビットのような金融業界の場合、CMなどの宣伝広告だけで人気が決定するわけではありません。やはりそこは、「お金を借りやすい」というイメージが重要な意味を持ちます。消費者金融業者から融資を受ける場合には、その金額によらず、必ず「審査」が必要になります。いかなる理由があっても、審査を免除されることはありません。では、モビットの人気が高いということは、それだけお金を借りやすいイメージがある、つまり、「審査基準が甘い」ということを意味するのか?と思い込んでしまう人も少なくありません。しかし実際のところ、モビットの基準が甘いか辛いかは、モビットが基準を明示していない以上、すべて憶測でしかないというところが重要なポイントになります。基本的には、個人信用情報という明確な判断材料がありますので、うわさだけに流されることがないように注意してください。



モビットの審査に必要なものは何か

まずモビットでお金借りる審査に必要なものは身分確認書類です。貸す方は身元がはっきりしていなければお金を貸すことが出来ません。その為に非常に大切な提出物になります。運転免許証が一番ポピュラーなものですが、ない場合は保険証やパスポートがそれに変わるものになります。他には収入を証明するものが必要な場合もあります。金額などによっては必ずしも必要になるものではありません。あくまでもモビット側が提出を求めてきた時に準備をすることになります。この場合に審査を行って希望が叶わない場合もあります。もしくは希望の条件より低い条件で融資が可能になる場合があります。低い金額で融資を希望すれば原則必要としない場合が多いです。必ずしも全員が大丈夫というわけではありません。これは情報が開示されているわけではないのでどうすれば大丈夫かという決まりはありません。信用力が重要視されてきます。



モビットは審査において属性は使わないようです

モビットのカードローンやクレジットカードは使いやすい、審査が早いと大変好評ですが、以前はチェックに時間がかかることが多く不評だったようです。チェックに時間がかかる理由は属性による審査が面倒だったこと、また、借入状況の確認に時間がかかったためと言われています。モビットでは属性と呼ばれる、年齢や性別、家族構成、職業での審査をやめたといわれています。モビットでは年収と借入状況の確認だけに絞ってカードローンやクレジットカードのチェックをしていることから、現在では最も早く利用できるとして人気が急上昇しています。モビットでは本人の同意をとった上でオンラインで借入状況を確認できる仕組みも構築しました。借入状況がすぐに分かることで利用限度額が決められチェックが早くなりました。ただ、高額借入希望の場合は現在でも人間がチェックをすることになるので若干の時間は必要なようですが、一般的なカードローンではすぐに利用できます



モビットの審査には保証人がいる?

モビットは銀行系消費者金融であり、審査において保証人を用意する必要はありません。消費者金融は個人向け融資であり、保証人を必要としない代わりに限度額が低く設定されています。担保も不要であり、20歳以上で収入が安定継続していれば貸付けを受けられるのです。モビットを利用する前には簡易診断を受けて、融資可能かどうか調べておくといいでしょう。匿名診断で融資の可否がわかるので便利です。ここでは生年月日、年収、他社借り入れなどを問われますが、保証人の欄はありません。学生ローンなどの一部のキャッシングを除いて、安定した年収があれば自身の属性だけで申し込みができるのです。審査の通過率を高めるコツは、借入先をなるべく少なくしておくことです。1〜2社程度にしておくのが理想であり、3社超の方はモビットに問い合わせてみるといいです。借入件数が多いから審査に通らないわけではなく、あくまで通りにくいだけです。他社の返済状況に問題がなければ借りられる可能性が高いです。



モビットが保障会社になっている場合の注意点

モビットはカードローンやクレジットカードを発行している会社ですが、実は金融機関の金融商品の保障会社担っていることが多くなっています。モビットが保障会社担っている場合、支払いができなくなったりした際に保障する契約になっています。もともとモビットが作ったサービスを金融機関が代理販売していることも多くなっています。いずれにしても保障会社にモビットがなっている場合は1点注意しておくと良いことがあります。それは金融機関の金融商品ですが、総量規制に該当するサービスだということです。金融機関の独自の商品であれば総量規制に適用しない事も多いのですが、モビットが保障する場合は総量規制対象となります。そのため、収入の3分の1を超える現金を借りることができないので注意が必要です。もし、それ以上の金額が必要な場合には金融機関と事前に相談して独自融資ができないかを確認しておくと良いです。ただし、金融機関の独自融資は審査が厳しいので注意がいります



最新情報はこちら!

クレジットカードの審査が甘い理由

銀行のカードローンについて